精油の魅力にはまってしまった44歳男性のアロマ日記
男でもアロマ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「あせも」とアロマテラピーとの戦い①
2006年 09月 02日 (土) 22:27 | 編集
毎年「あせも」で悩んでいます。
昨年はティートゥリー入りの石けんで洗うようにしてとても調子が
よかったので、今年はアロマテラピーを勉強しはじめたのでここぞと
ばかり頑張って挑戦しました。

アロマの先生から「あせもというと毛穴がつまって起きる現象なので
キャリアオイルを使うとかえってつまると思うかもしれませんが、
あせもに良い精油の配合をしたキャリアオイルを使うと効果的なの
ですよ」と言われました。よしよし今年は完璧にいこうと張り切って
「あせも」に良いとされる精油をピックアップし、ベストの配合を
考えました。

「あせも」に良いとされるとユーカリ1滴、ローズマリーベルベノン3滴、
レモングラス1滴、クローブ3滴、ティートゥリー2滴をかゆみに良いと
されるカレンディユラオイル15mlに入れお風呂上がりに塗りました。
最初の日は良いような感じがしました。ところがある日スポーツで
汗をかくと全身にあせもが広がっていました。こんなはずはないと
配合を少しづつ変化させてみても同じでした。
かえって昨年よりも悪い状態です。

つづきは明日。
スポンサーサイト
「あせも」とアロマテラピーとの戦い②
2006年 09月 03日 (日) 17:53 | 編集
毛穴から精油成分が入れば良いのであれば、入浴後でなくても
入浴中でも良いと発想を変えてみました。

精製水200mlに対してクローブ4滴。レモングラス4滴。ユーカリ4滴を入れました。
これをあせもの場所にシュッシュとスプレーしたあと、ティートゥリー
入りの石けんで洗います。
つまり乳化剤をキャリアオイルの代わりに石けんにしたわけです。

それで洗い流したら、入浴後は何もつけないことにしました。

これで入浴後キャリアオイルで「あせも」対策をしたときはスポーツをしてもひどくなったのですが、石けんに混ぜて洗うようにしたらスポーツをしてもひどくならず、少しづつよくなっていき全然気にならなくなりました。

このことを機にして、使うタイミングもとても大切だと痛感したできごとでした。
「イボ取り」のブレンド
2006年 09月 16日 (土) 19:59 | 編集
首のまわりにできるとても小さなイボは、シミやシワのような、いわば老化現象と聞いたことがあり、とてもショックでした。
1年前、皮膚科でドライアイスで焼いてもらったことがあるのですが、結局うまく取れませんでした。
首の回りに小さなイボがある他に左ひざの上にやや大きめのイボがあります。
このイボを2ヶ月前レモンの精油で1週間くらい塗ってみましたが、暑かった時期なので知らぬ間にしなくなっていました。

この度、シナモン・カッシアを購入したので、腰を据えて「イボ取り」に再挑戦しようと
新たに「イボ取り」ブレンドをしました。

5mlのホホバ油に
レモン5滴。
シナモンカッシア3滴。
ラベンダー・アングスティフォリア5滴。

首と左足のイボに一日2回くらいつけていこうと思います。
首のイボは上手に写真が撮れませんでしたが、足のイボは撮れましたので見事イボがとれたら
比較してみようと思います。
顔の「シミ」に最強の精油は?
2006年 09月 17日 (日) 15:14 | 編集
アロマテラピーの先生に最強のシミ対策として教えていただいたのが、
「セロリ」と「レモン」です。もちろん、生のままでなく、精油です。

「セロリ」は抗色素沈着作用があります。また、「セロリ」はシワにも効果的です。
ただ、臭いが苦手な方がいます。
そこに美白といえばレモンとされる「レモン」を混ぜます。
セロリ:レモンは1:2です。

妻はこれを教えてもらってから、ローズヒップ配合のフェイスオイルを
ベースにしてこれらの精油を足して気になるシミをピンポイント攻撃しております。
レモンは光毒性があるので朝は使用できません。そのため、
朝はローズヒップフェイスオイルにセロリを足して、
晩はローズヒップフェイスオイルにセロリとレモンを足しています。

使っている量は手の平に10円玉くらいのローズヒップフェイスオイルをとり、
そこに朝ならセロリ1滴。晩ならセロリ1滴。レモン2滴を足しています。

かれこれ2ヶ月になりますが、気にしていたシミはかなり、薄くなりました。
第二ステージで考えているシミとり対策は明日に。
顔の「シミ」に最強の精油は?②
2006年 09月 18日 (月) 18:59 | 編集
「シミ」に最強のセロリとレモンを続けていたのですが、最初はぐんぐんシミが薄くなり、完全に消えたところもありました。ところが、少し停滞気味になりました。これが、プラトー効果だと思います。
そこで、もう一つのレシピを探し決定したのが、

ローズウッド2:カモミール・ローマン1:ゼラニウムエジプト1です。

この比率で精油を混ぜて作っておいて、ローズヒップ配合のフェイスオイルと混ぜます。
混ぜる量は10円玉大のフェイスオイルに対して配合した精油を2~3滴です。

このレシピを朝晩一週間続けて、次の週はセロリとレモンのパターンで使って、その次の週はまた、ローズウッド&ローマン&ゼラニウムに戻します。
ローズウッドは組織再生作用があり、ゼラニウム・エジプトは収れん作用があります。
カモミール・ローマンは目の下のクマや赤ら顔や赤鼻にも有効とされます。

これで「シミ」を完全制覇したいと思っています。
copyright (C) 男でもアロマ all rights reserved.
designed by polepole...

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。