精油の魅力にはまってしまった44歳男性のアロマ日記
男でもアロマ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっぱりラベンダー
2006年 08月 31日 (木) 23:43 | 編集
昨日の寝る時、ティッシュにラベンダーを数滴たらして枕元に置いて
寝ました。やっぱりラベンダー。落ち着きます。
いろいろな精油で試しているのですが、いつもラベンダーの時になると
やっぱりラベンダーだなといつも思います。
精油の勉強をはじめるまではペパーミントとラベンダーくらいしか
知りませんでした。
ラベンダーは初歩であり、奥深い精油だとつくづく感じた日でした。
スポンサーサイト
眠れない、リラックスしないラベンダーの種類
2006年 09月 09日 (土) 18:53 | 編集
ラベンダーは真正ラベンダー、フレンチラベンダー、スパイクラベンダー、ラバンジンに
分けられ、それぞれ性質が異なります。

寝る前にリラックスしてよく眠れるというのは真正ラベンダーです。
真正ラベンダーはアングスティフォリア、イングリッシュラベンダー、ファインラベンダー、
コモンラベンダーといわれるものです。

ラベンダーの中でリラックス作用があるのはエステル類といわれる
芳香分子類でこれは真正ラベンダーに多く含まれ、フレンチラベンダーや
スパイクラベンダーにはほとんど含まれません。
香りもラベンダーらしくない香りです。むしろ頭がさえざえしてくる感じです。

問題は比較的値段の安いラバンジンという種類です。
ラバンジンは真正ラベンダーとスパイクラベンダーの交配種です。
そのため、真正ラベンダーに似ているものと頭のさえざえするスパイクラベンダーに
似ているものがあります。よく眠れたり、リラックス目的であれば、ラバンジンは
ばらつきがあるのでお勧めではありません。

よく眠れるリラックスできるラベンダーは真正ラベンダーです。

スパイクラベンダーは元気なラベンダー
2006年 10月 13日 (金) 23:31 | 編集
肉体的にも精神的にもリラックスというイメージのあるラベンダー。
このようなリラックス効果を求めるならエステル類の多い
真正ラベンダー(ラベンダー・アングスティフォリア)です。

その対象的なラベンダーがスパイクラベンダー(ラベンダー・スピカ)です。
カンファーの香りがつよく、荒削りな感じがすることから「男性のラベンダー」とも言われます。

カンファーと1.8シネオールを含むため、ツンとした樟脳臭がつよくあります。
この香りのため、リラックスというよりは元気よくという感じになります。
憂鬱な気分のリフレッシュにもなります。

火傷でいえば、すぐは真正ラベンダーが向き、その後は瘢痕形成作用の強い
スパイクラベンダーが良いということになります。
精油事典ではフレンチラベンダーよりも瘢痕形成作用は強いとしています。

芳香成分の作用を知るまではどうしてスパイクラベンダーは車の運転をするときに
あうような気がするのですが、寝るときはけっして寝付きがよいとはいえず、
むしろ頭がはっきりしてくるので不思議でした。
眠たくなる「ラベンサラ」って面白い
2006年 10月 24日 (火) 21:06 | 編集
アロマテラピー図鑑―オイルとハーブの基本がすべてわかる」の中で
ラベンダーのように用途がひろく、
「無人島にひとつだけ精油をもっていくとしたら、ラベンサラを選ぶ」
というアロマセラピストがいるという話があるほど重宝する精油です。」と紹介されていました。

この言葉に誘われて、買ってみました。
すると香りは1.8シネオールのつーんとさわやかな、ユーカリのような香りで
頭がさえてきそうなのですが、とてもリラックスして、私はとても眠くなりました。

精油事典で調べてみても誘眠作用で++++ととても良いスコアがでていました。
この香りと効果のギャップがとても面白い精油だと思いました。

ユーカリのように抗ウイルス、抗カタル作用、去痰作用、抗菌作用もあります。
活力増強作用や神経強壮作用もあるのですが、とてもリラックスできます。
無人島にひとつだけ持っていくとしたら・・・というのもうなずけます。
もともとユーカリ系の香りが好きな私はこのラベンサラは
相当お気に入りの精油になると思います。
頭がさえて、考えがめぐって寝付きが悪い時
2006年 11月 08日 (水) 21:20 | 編集
昨晩は、時間が遅いにもかかわらず、頭が冴えて、いろいろな考えが浮かび
普段より寝付きが悪い日でした。最初はいつものようにラベンダーを
枕元のティッシュにたらしたのですが、どうもしっくりきません。

かえって頭の冴えそうな1.8シネオールを多く含むラベンサラを試してみました。
どうせ、冴えているなら、更に冴えそうでいて、さわやかで、すーっとするラベンサラの方が
香りにかえって集中でき、ラベンサラの催眠作用が効いてくれるのでないかという読みでした。

実際してみると読み通り、頭が冴えていながらも、さわやかですっーとするラベンサラの香りは
とても集中できました。集中しながら、深呼吸をしようと思うように頭が切り替わり、
ついで眠気がでてきました。

これは発見と頭が更に冴えそうでしたが、香りに集中し直し、また眠気が・・・・・・

ラベンサラはお勧めです。
copyright (C) 男でもアロマ all rights reserved.
designed by polepole...

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。