精油の魅力にはまってしまった44歳男性のアロマ日記
男でもアロマ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お肌の「修復力」のある精油は?
2006年 09月 24日 (日) 20:57 | 編集
肌の修復力は、皮膚や粘膜が損傷された場所に傷口を形成し、傷を治す働きのことを瘢痕形成作用と言います。
昨日と同様に精油事典で調べてみました。

有効度第一位はローズとスパイク・ラベンダーです。
収れん作用に続き、ここでもローズはトップ。

第2位は沢山あってヒソップ、プチグレン、ヘリクリサム、ミルラ、ヤロー、真正ラベンダー、
ラバンジン、フレンチ・ラベンダー、ロックローズです。

第3位はセージ、トゥルーバルサム、パルマローザ、ベンゾイン、ランタナ、ローズマリー・ベルベノン、ローレルです。

この中に入りそうなフランキンセンスは第4位。ネロリは入っていません。

火傷をしたらラベンダーといわれるようにラベンダーは軒並みランクインしています。
ローズとどうようにラベンダーが化粧品によく配合されているのがわかります。人気のラベンダーは瘢痕形成の点で美肌に貢献しています。
スポンサーサイト
お肌の「ひきしめ作用」のある精油は?
2006年 09月 22日 (金) 22:30 | 編集
たるみ、シワ対策に有効な精油の作用は「収れん作用」といいます。
精油事典から拾い出してみました。

有効度第一位は ローズとゼラニウム・ブルボンです。

第2位は沢山あってゼラニウム・エジプト、ゼラニウム・コルシカ、ゼラニウム・チャイナ、
ヘリクリサム、マートル、ロックローズです。

第3位はサイプレス、シナモスマ・フラグランス、ニアウリCT1です。
収れん作用=フランキンセンスとかネロリと思っていたのですが、出てきませんでした。

このように調べてみるとやはり、ローズは強い。
ローズの精油は500kgの花びらから10gの精油しか蒸留できないため、冨の象徴として
ローズがもてはやされたとばかり思っていました。

ところが、このように調べてみるとクレオパトラの時代からローズが魅了してきたのは美容効果だったのだと知ると、昔の人の直感というか、人間の動物的なカンというか素晴らしいものを感じます。

それに引き替え、現代人は合成香料のローズで満足していると思うと
人間的な能力の低下を感じざるをません。
肩コリにマサラバーム 注意事項
2006年 09月 20日 (水) 21:18 | 編集
昨日紹介したマサラバームの成分には注意事項があるのでチェックしてください。

■ウインターグリーン 
 ①アスピリンアレルギーの人は避ける。
 ②20%以下に希釈して使用する。
 ③サリチル酸メチルが99%近く含むので、スポーツ選手はドーピング物質に指定されていないか
  確認する。

■シナモン・カッシア
 ①原液塗布しない。10%以下に希釈する。
 ②5才以下の乳幼児。妊産婦、授乳中の人は避ける。

■ユーカリ・グロブルス
 ①乳幼児に使用しない。

■ペパーミント
 ①3才以下の幼児、妊産婦、授乳中の人、てんかん患者、高血圧症の人に使用しない。

■真正ラベンダー、レモングラス、ジンジャー
 特に禁忌事項なし。 

よく作用するものには禁忌事項はあります。禁忌事項のある精油を最初から避けてしまうのでなく、きちんと使い方を守れば問題ないどころか香りだけでなく、とても役にたつ精油になります。

ウインターグリーンなどはあらゆる痛みに有効で皮膚から吸収され、15分後には尿から検出されるくらいなのでドーピングの確認が必要なほどの精油です。植物というと優しいイメージがあるのですが、実はとても力強い作用があると改めて思います。
肩こりにマサラバーム
2006年 09月 19日 (火) 21:27 | 編集
ある本に「マサラバーム」という名前があり、とても名前が気に入りました。
その本にでていたのはジンジャー、シナモンリーフ、ユーカリ・グロブルス、ラベンダーだったのですが、より強力にしようとややレシピを変更しました。
追加したのは筋肉痛によいとされるレモングラスです。これも東南アジアの雰囲気があるので
取り入れました。次にまさに天然の「サロメチール」といえるウインターグリーン。
それと少しスッと爽快感があるようにペパーミントです。

1.ミツロウ6gを湯煎または加熱して溶かします。
2.そこにホホバ油を20mlを加えます。
3.あら熱がとれらたら精油を入れます。
  ジンジャー 2滴
  シナモン・カッシア 2滴
  ユーカリ・グロブルス 2滴
  真正ラベンダー 2滴
  レモングラス 2滴
  ウインターグリーン 2滴
  ペパーミント 2滴
4.容器に流し込んだらできあがり

香りはとてもマサラな雰囲気があり落ち着く香りになっています。
塗ると少しスッとしてその後、コリがほぐれていきます。

マサラバームの精油には注意事項があるので確認ください。
顔の「シミ」に最強の精油は?②
2006年 09月 18日 (月) 18:59 | 編集
「シミ」に最強のセロリとレモンを続けていたのですが、最初はぐんぐんシミが薄くなり、完全に消えたところもありました。ところが、少し停滞気味になりました。これが、プラトー効果だと思います。
そこで、もう一つのレシピを探し決定したのが、

ローズウッド2:カモミール・ローマン1:ゼラニウムエジプト1です。

この比率で精油を混ぜて作っておいて、ローズヒップ配合のフェイスオイルと混ぜます。
混ぜる量は10円玉大のフェイスオイルに対して配合した精油を2~3滴です。

このレシピを朝晩一週間続けて、次の週はセロリとレモンのパターンで使って、その次の週はまた、ローズウッド&ローマン&ゼラニウムに戻します。
ローズウッドは組織再生作用があり、ゼラニウム・エジプトは収れん作用があります。
カモミール・ローマンは目の下のクマや赤ら顔や赤鼻にも有効とされます。

これで「シミ」を完全制覇したいと思っています。
顔の「シミ」に最強の精油は?
2006年 09月 17日 (日) 15:14 | 編集
アロマテラピーの先生に最強のシミ対策として教えていただいたのが、
「セロリ」と「レモン」です。もちろん、生のままでなく、精油です。

「セロリ」は抗色素沈着作用があります。また、「セロリ」はシワにも効果的です。
ただ、臭いが苦手な方がいます。
そこに美白といえばレモンとされる「レモン」を混ぜます。
セロリ:レモンは1:2です。

妻はこれを教えてもらってから、ローズヒップ配合のフェイスオイルを
ベースにしてこれらの精油を足して気になるシミをピンポイント攻撃しております。
レモンは光毒性があるので朝は使用できません。そのため、
朝はローズヒップフェイスオイルにセロリを足して、
晩はローズヒップフェイスオイルにセロリとレモンを足しています。

使っている量は手の平に10円玉くらいのローズヒップフェイスオイルをとり、
そこに朝ならセロリ1滴。晩ならセロリ1滴。レモン2滴を足しています。

かれこれ2ヶ月になりますが、気にしていたシミはかなり、薄くなりました。
第二ステージで考えているシミとり対策は明日に。
「イボ取り」のブレンド
2006年 09月 16日 (土) 19:59 | 編集
首のまわりにできるとても小さなイボは、シミやシワのような、いわば老化現象と聞いたことがあり、とてもショックでした。
1年前、皮膚科でドライアイスで焼いてもらったことがあるのですが、結局うまく取れませんでした。
首の回りに小さなイボがある他に左ひざの上にやや大きめのイボがあります。
このイボを2ヶ月前レモンの精油で1週間くらい塗ってみましたが、暑かった時期なので知らぬ間にしなくなっていました。

この度、シナモン・カッシアを購入したので、腰を据えて「イボ取り」に再挑戦しようと
新たに「イボ取り」ブレンドをしました。

5mlのホホバ油に
レモン5滴。
シナモンカッシア3滴。
ラベンダー・アングスティフォリア5滴。

首と左足のイボに一日2回くらいつけていこうと思います。
首のイボは上手に写真が撮れませんでしたが、足のイボは撮れましたので見事イボがとれたら
比較してみようと思います。
「男でもアロマ」はフランス式?
2006年 09月 15日 (金) 20:17 | 編集
アロマテラピーには英国式とフランス式の2大潮流があります。
私が最初に勉強させていただいた講座はマルグリット・モーリーを祖とする英国式の
エスティックアロマテラピーというか、香りのイメージの癒し的なアロマテラピーでした。

今となってはこれはこれでやはり素晴らしいと思うのですが、男性特有の理屈っぽさが邪魔をして、「精油の力ってこんな感覚的なものでないはずだ!」と思っていました。

そこで出会ったのが、ルネ=モーリス・ガットフォセの流れをくむフランス式のメディカルアロマと言われる世界でした。
精油と漢方や健康食品のエキスとは同じように人間に科学的に作用すると思っていた
私にはぴったりとはまり、納得できたのでした。

英国式・・・女性的、美容、癒し、感覚的
フランス式・・・男性的、医学、臨床医学的、

男でもアロマでは主にフランス式で考えていこうと思っています。
臭わず嫌いはやめたいコリアンダー
2006年 09月 14日 (木) 23:08 | 編集
コリアンダーはパクチーとも言われ、アジアン・エスニック料理似よく登場するセリに似た植物。
葉っぱをつぶすと南京虫をつぶした時のようなにおいがすることからギリシャ語の南京虫の「コリス」という名前がつけられ、これが英語名でコリアンダーとなりました。
(私は韓国のコリアンから来ている名前だと思っていました)

とても、癖のある香りで好き嫌いが分かれる香りです。

私は南京虫というよりカメムシのような臭いに感じとても苦手な植物です。
そんなことから、精油を扱っているお店に立ち寄るような時でもコリアンダーという名前から
「あのカメムシの臭いが凝縮されていたら嫌だなあ」と食わず嫌いでなく、臭わず嫌いで
避けていました。
ところが、ある時、何事も体験と思い嗅いでみました。
すると
甘くて、さわやかで、少しぴっとした刺激のあるとても良い香りでした。
d-リナロールを高比率で含んでいるので精神安定や不安症などに効果があるとされ、
幸福感をもたらし勇気が出てくる香りとされています。

カメムシの臭いは全然しないので臭わず嫌いでなく、是非トライして
嗅いでみてください。きっと幸福感と勇気をもたらしてくれると思います。
精油は高い?安い?
2006年 09月 13日 (水) 21:56 | 編集
エッセンシャルオイル(精油)は水蒸気蒸留法という形で生成されます。
釜の中に植物と水を入れ、加熱して、水蒸気を発生させ、その蒸留水を冷やして精油と
ハーブウォーターが作られます。
ラベンダー160kgから1kgの精油。同様に1kgの精油を得るためにジャスミンなら花1000kg。
バラなら花弁5t。レモンなら1000個分の皮が必要だそうです。

これらの数字は本を読むと割とよく出てくる数字です。
今日の驚きはアロマの先生からの情報です。蒸留釜を持ってる先生が実際にスペアミントから
精油をとった経験上で

400mlのハーブウォーターに対して1滴の精油がとれる位の比率らしい。

よくあるハーブウォーターは1本で200ml位なので2本分のハーブウォーターに対して
1滴の精油ということになる。この量は驚きでした。というのも水蒸気蒸留法の概念図を見るとできた蒸留水の2割が精油で8割がハーブウォーターだと思っていたからです。
精油1滴は0.05mlと言われるので計算してみると
実に
精油0.02%に対してハーブウォーター99.98%という比率です。
結果を出すアロマにはプラトー効果も大事!
2006年 09月 12日 (火) 21:03 | 編集
プラトー効果とは・・・

精油はある程度までは用量に比例した効果をあげます。
ところが、用量が増えたり、時間の経過とともに体内での精油の蓄積量が増えると、それまで用量に比例していた効果が逆転してしまうというものです。
そして、期待された反応は無くなり、さらにマイナスの効果さえもたらす場合があるというものです。

特に使用している期間を言われます。2~3週間経過したら精油のブレンドを変えるというものです。

簡単にいうと「脱毛症」「顔のシミ」「お肌の引き締め」「花粉症」「自律神経失調症」「更年期障害」
「肩こり」「痛み」・・・などの精油を使いたい目的にあわせて、最低2パターンのブレンドレシピが
必要で、2週間おきに交互に繰り返して使うということです。

頭皮と精油でご紹介したシダーとアトラスシダーどちらが
脱毛に向いているか一つ選べといえばアトラスシダーということになります。

ところが、実際は2週間はシダーを使ったブレンドレシピ。次の2週間はアトラスシダーを使った
ブレンドレシピと2つ作って交互に繰り返す方が効果があるとするのが
プラトー効果を逆手にとった結果を出すアロマテラピーです。
くせ者クラリーセージはベルガモットと合わせる
2006年 09月 11日 (月) 21:15 | 編集
クラリーセージのスクラレオールが女性ホルモンのような働きをすることから無月経、
生理不順、更年期に有名な精油。ところが、とても調香にしくいのが特徴です。

アロマテラピーの先生が以前「クラリーセージと合わせるとしたらベルガモットでしょう」と言われたのを思い出して、実際に試してみました。

まず、クラリーセージを2滴入れ、そこへベルガモットを1滴づつ足していった。
クラリーセージ2滴 vs ベルガモット2滴ではクラリーセージの香りが完全に勝ちます。
香りの変化の境目はクラリーセージ2滴 vs ベルガモット6滴でした。
私としてバランスがとれたなと感じたのはクラリーセージ2滴 vs ベルガモット8滴でした。

クラリーセージは女性ホルモン様作用と決めつけていたのですが、髪の毛の成長促進に効果的とあったところに目がとまり改めて見直したのでした。
心気症にラベンダーとサイプレス
2006年 09月 10日 (日) 23:20 | 編集
アロマテラピーの本をバラバラと見ていると目に飛び込んできたのは
ラベンダーとサイプレスを3滴づつ入れるレシピだった。とても落ち着いた香りになります。

サイプレスは封じ込まれたり、原因のわからない恐れに選択するとよい精油とありました。

ラベンダーとサイプレスの配合に適していると紹介されていたのが
心気症です。心気症は重大な病気にかかっているという恐怖感にとりつかれる障害です。
原因が不明確でありながら、医師をはじめ周囲の人みんながウソをついているかもしれないという猜疑心と恐怖、不安。

私はサイプレスの香りはとても深い深い森林の中を連想します。
何もかも包みこむ自然の雄大さが心に働きかけてくれると思います。

今日、この香りが落ち着くと感じたということは心の深層心理の中で、とても不安、恐怖がもたげてきているのかもしれません。明日からまた、月曜日で一週間はじるまるということ漠然とした恐怖、不安の根源かもしれません。

ともかく深く、包まれた香りで一週間をしめくくり、明日からまた頑張ろうと思います。
眠れない、リラックスしないラベンダーの種類
2006年 09月 09日 (土) 18:53 | 編集
ラベンダーは真正ラベンダー、フレンチラベンダー、スパイクラベンダー、ラバンジンに
分けられ、それぞれ性質が異なります。

寝る前にリラックスしてよく眠れるというのは真正ラベンダーです。
真正ラベンダーはアングスティフォリア、イングリッシュラベンダー、ファインラベンダー、
コモンラベンダーといわれるものです。

ラベンダーの中でリラックス作用があるのはエステル類といわれる
芳香分子類でこれは真正ラベンダーに多く含まれ、フレンチラベンダーや
スパイクラベンダーにはほとんど含まれません。
香りもラベンダーらしくない香りです。むしろ頭がさえざえしてくる感じです。

問題は比較的値段の安いラバンジンという種類です。
ラバンジンは真正ラベンダーとスパイクラベンダーの交配種です。
そのため、真正ラベンダーに似ているものと頭のさえざえするスパイクラベンダーに
似ているものがあります。よく眠れたり、リラックス目的であれば、ラバンジンは
ばらつきがあるのでお勧めではありません。

よく眠れるリラックスできるラベンダーは真正ラベンダーです。

赤チンみたいな精油ティートゥリーのおさらい
2006年 09月 08日 (金) 23:08 | 編集
ティーツリーはオーストラリアの植物。
オーストラリアの先住民族アボリジニも古くから様々な病気やケガの際に利用し
現在でも伝承されています。私は「赤チン」のような精油としてとらえています。

アロマテラピーの薬理効果をいち早く研究したジャン・バルネ博士は
フランス軍医として第二次世界大戦に従軍した時、抗生物質の使用に疑問を感じ、
救急キットにティートゥリーを入れていたと言われています。
抗ウィルス、抗菌、抗真菌、駆虫作用、免疫調整作用があることで
いわゆる「ばい菌」に強く、その上、抗炎症、鎮痛・鎮静作用があります。

サザンクロス大学の品質基準ではテルピネンー4ーolが35%以上。
1.8シネオールが5%以下の精油が最高品質のティートゥリー精油であると定めています。
直接塗布もできるといわれる精油ですので、薬品グレードのものを選ぶことが重要だと思います。

あせりと短気からくるイライラに
2006年 09月 07日 (木) 21:56 | 編集
ベルガモット3滴、ラベンダー2滴、ペパーミント1滴。

今日は朝から晩までイライラしっぱしの一日でした。ふとアロマテラピーの本を
めくっていると飛び込んできたのは「イライラ」。

中でも「あせりと短気からくるイライラに」で手が止まりました。
自分の状態に似たものが目にとまるのは不思議です。
早速、混ぜてティッシュにしみこませて嗅いでみました。

とてもさわやか、イライラを降らしてした暗たんたる雨雲がはれていく
感じです。気分も晴れ晴れとしてきて何をイライラしていたのだろうと
言う感じです。

野球部のレギュラー争いで焦っている中一の息子にも嗅がせてみると
「あ~すごく癒される」とやっぱり気持ちよさそうでした。

こういう気分転換にアロマはばっちりです。
鼻がすーっと通るのはやっぱりユーカリ
2006年 09月 06日 (水) 21:38 | 編集
現在、鼻炎とまではいきませんが、疲れてきたり、頭を使っていると
鼻の奥の通りが悪くなってきて、頭の回転が非常に悪くなるような
感じがします。そんな時にとても気に入っているのがユーカリです。

ティッシュに1滴たらして、鼻に近づけて吸います。

とてもスーッとして鼻も気持ちよく、気分転換でき、頭もさえてきます。
ユーカリの香りはヴィックス・ヴェポラップのなどののど薬のスーッとするあの香りです。

これは1.8シネオールと言われる成分です。

去痰(痰を切る)作用、抗カタル(鼻や咽頭などの粘膜の炎症を抑制する)作用、
抗ウィルス作用、抗菌作用、抗炎症作用、免疫調整作用があります。
だから塗ったり、なめたりする風邪薬に使われます。

私は1.8シネオールが比較的多いユーカリ・グロブルスを使っています。
乳幼児、妊産婦さんはユーカリ・ラディアタの方が安心です。

鼻の通りが悪い人にはとてもお勧めな精油です。
耳だれにはティートゥリー
2006年 09月 05日 (火) 20:28 | 編集
幼稚園のときは扁桃腺が腫れやすく、熱を出すことが多く、熱が出ると次に必ず
中耳炎を起こしていました。小学校低学年で扁桃腺を切ってからは熱が出なくなり、
中耳炎はなくなりましたが、耳や鼻、のどは弱いといえます。
学生時代もいつもいつも風邪を引いていました。

今でも肩こりが募ると耳だれが起こりやすく
そのままほかっておくと耳下腺炎になってしまいます。
そんな私が最近、耳下腺炎になっていません。

それはティートゥリーのおかげです。
耳がおかしいなと思うと綿棒にティートゥリーをつけ
耳の中につけます。ややすぅーっとしてかゆみが止まります。

しばらくはかえって耳だれが出る感じですが、その後、乾いていきます。
早め早めにティートゥリーをつけるようにしてから
耳下腺が腫れることがなくなりました。

ティートゥリーの殺菌力はすごい。手放せない精油の一つです。
イランイランの男性的調香と女性的調香
2006年 09月 04日 (月) 20:51 | 編集
催淫作用があるとされるイランイランは男性、女性ともに「モテる」香りらしい。
アロマの先生いわく、彼女ができない男性にイランイランを混ぜたオーデコロンを調香したら
モテるようになったという。

でもイランイランは花の中の花といわれるだけあって、ローズやネロリのように
花的、女性的な香りがする。
 「どのようにしたら男性的な香りになりますか?」と質問してみると

「イランイラン」と「サイプレス」を混ぜると男性的になりますと言われ、
実際に混ぜて嗅がせてもらいました。「うん、これは男性的」

続けて今度は「ラベンダー」と混ぜてみます。と言われ調香されました。今度はとても女性的です。

これが、調香の不思議さにはまってしまった瞬間です。
「あせも」とアロマテラピーとの戦い②
2006年 09月 03日 (日) 17:53 | 編集
毛穴から精油成分が入れば良いのであれば、入浴後でなくても
入浴中でも良いと発想を変えてみました。

精製水200mlに対してクローブ4滴。レモングラス4滴。ユーカリ4滴を入れました。
これをあせもの場所にシュッシュとスプレーしたあと、ティートゥリー
入りの石けんで洗います。
つまり乳化剤をキャリアオイルの代わりに石けんにしたわけです。

それで洗い流したら、入浴後は何もつけないことにしました。

これで入浴後キャリアオイルで「あせも」対策をしたときはスポーツをしてもひどくなったのですが、石けんに混ぜて洗うようにしたらスポーツをしてもひどくならず、少しづつよくなっていき全然気にならなくなりました。

このことを機にして、使うタイミングもとても大切だと痛感したできごとでした。
「あせも」とアロマテラピーとの戦い①
2006年 09月 02日 (土) 22:27 | 編集
毎年「あせも」で悩んでいます。
昨年はティートゥリー入りの石けんで洗うようにしてとても調子が
よかったので、今年はアロマテラピーを勉強しはじめたのでここぞと
ばかり頑張って挑戦しました。

アロマの先生から「あせもというと毛穴がつまって起きる現象なので
キャリアオイルを使うとかえってつまると思うかもしれませんが、
あせもに良い精油の配合をしたキャリアオイルを使うと効果的なの
ですよ」と言われました。よしよし今年は完璧にいこうと張り切って
「あせも」に良いとされる精油をピックアップし、ベストの配合を
考えました。

「あせも」に良いとされるとユーカリ1滴、ローズマリーベルベノン3滴、
レモングラス1滴、クローブ3滴、ティートゥリー2滴をかゆみに良いと
されるカレンディユラオイル15mlに入れお風呂上がりに塗りました。
最初の日は良いような感じがしました。ところがある日スポーツで
汗をかくと全身にあせもが広がっていました。こんなはずはないと
配合を少しづつ変化させてみても同じでした。
かえって昨年よりも悪い状態です。

つづきは明日。
シダーウッドのアトラスとバージニア脱毛症によいのはどっち?
2006年 09月 01日 (金) 22:03 | 編集
脱毛症にはシダーウッドが書いてある書物が多いのですが、アトラスとバージニアがあります。この2つを分析したいと思います。

アトラスとバージニアともにセスキテルペン炭化水素の+に帯電している分子が多いという点で強壮作用が一番の作用です。

ところが、その芳香分子は全く入っているウェートが違います。

アトラスシダーの方はβ、α、γそれぞれのヒマカレンが多いのが
特徴です。これはリンパ強壮、静脈強壮、鬱滞除去の作用があり、
一番の特徴を示していると思います。
この要素が多い分、脱毛症にはアトラスシダーの方が良いとされます。

ちなみに私はシダーウッドが脱毛症によいと早合点してバージニアの
方を買ってしまいました。今度はアトラスシダーを買おうと思います。
copyright (C) 男でもアロマ all rights reserved.
designed by polepole...

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。