精油の魅力にはまってしまった44歳男性のアロマ日記
男でもアロマ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
精油の劣化?
2007年 06月 22日 (金) 14:01 | 編集
モノテルペンについて面白いことを教えていただいたので、それに
ちなんで今回も精油の劣化?について捉えてみます。

 「10年もの(常温保存)の月桃精油(モノテルペンが多い)を
  持っていて、とてもまろやかな香りということを教えて頂きました。
  ご本人も重合によってまろやかになっていて、これは劣化なのだろうか」
  と言われていました。

劣化というのは難しいですね。まろやかになるのであれば、ちょうどブランデーや
ワインのように長く熟成させた物の方が価値があがりそうです。
実際にはこのような世界があるのだなあと改めで思いました。

それにしても10年ものの月桃精油というのも凄いです。

劣化や重合という点でみれはモノテルペン炭化水素は問題のようですが、作用の点から
みれば鬱滞除去、抗炎症、抗ウィルス、抗菌、コーチゾン作用とあります。
10年も熟成させて、まろやかになったものはどの作用が強まって、どの作用が
弱まる物なのかとても興味を持ちました。


 また、

 「その方は月桃精油を作っていて、大手アロマショップが販売している月桃精油と
 香りが違い、モノテルペンの香りが弱いといわれます。
 これは劣化対策なのだろうか?」と言われていました。

この話から、すぐに頭にぴーんときたのは「脱テルペン精油」という存在です。

皮膚刺激が強い、とか重合などの問題からでしょうか一部または全部テルペンを
のぞくというものが香料関係ではあるというくだりが、ある本の中にありました。

ベルガモットの光毒性のある物質のベルガプテンを取り除く「ベルガプテンフリー」みたい
に人工的に除去するということです。
表示するのであればよいのですが、こっそりとやれば豚肉混入ミンチの問題と同じです。

このような精油の裏の世界をかいま見ると
精油の世界は真のアロマテラピー用の精油ともどきの精油が混在する世界です。
ただ、香りを楽しむだけであれば、自分で嗅いでみて好きかどうかで良いのですが、
塗布することを考えると、やはり、どのメーカーが信頼できるかということにつきると思います。
スポンサーサイト
劣化しやすい精油
2007年 06月 20日 (水) 13:56 | 編集
しばらくぶりです。
3月19日以来で本日、6月20日約3ヶ月離れていました。

しばらく、ハーブティ、ハーブサプリに頭を取られていて
ついつい精油から離れてしまっていました。

今後はハーブティ、ハーブサプリもふまえて大きな意味での
植物療法という視点で書いていこうと思っています。

暑い日が多くなってきて精油の劣化が気になるようになってきました。
あるアロマの本を読んでいたら、柑橘類はもちろんのことジュニパー、
サイプレス、フランキンセンス、ペッパーなど劣化しやすいと記述されていました。

これは何が基準になっているのだろうと、とても気になりました。

また、別の日に精油の化学のところを読んでいました。

「モノテルペン炭化水素は酸化や重合しやすいため、劣化や粘土が上昇する」という
記述がありました。

これだったんです。
モノテルペン炭化水素が多く含まれる代表選手は柑橘系の精油です。
オレンジ(ビター、スィート)、ベルガモット、グレープフルーツ、レモン、マンダリンなど
これらは90%以上モノテルペン炭化水素を含んでいます。

その他でモノテルペン炭化水素が多いものを列記してみます。
( %はモノテルペン炭化水素が含まれる割合の目安です。)

サイプレス90% ジュニパー85% フランキンセンス85% ナツメグ75% バルサムモミ75%
ペッパー70% マートル60% ローズマリーベルベノン60% タナセタム55%

以下20%ぐらいまで含まれているものは
ティートゥリー45% マジョラム45% ローズマリーカンファー45% ユーカリディベス45%
フェンネル30% ラベンサラ30% ローズマリーシネオール30%
ネロリ25% ニアウリ25% ローレル25% リトセア20%

柑橘系とこれらの精油は最低でも冷蔵庫保管が良いかもしれません。

柑橘系や値段が安いものは駄目になったら捨てても良いかと思いえるのですが、
プラナロムの精油で5000円以上するものは
フランキンセンス、ロースマリーベルベノン、ジュニパー、ネロリ、ローレル、マジョラムです。
この6種は冷蔵庫で保管しつつも、せっせと使った方がよいものです。
使い切らずに悪くしてしまってはかえって「もったいない」ことになります。
copyright (C) 男でもアロマ all rights reserved.
designed by polepole...

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。