精油の魅力にはまってしまった44歳男性のアロマ日記
男でもアロマ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベチバーについて
2008年 03月 21日 (金) 15:15 | 編集
ベチバーというと環境協会では1級テキストに出てくる精油の一つですが、
NARDアロマテラピー協会の精油事典には出てきません。

数少ないベースノートの一つであり、とても落ち着く精油です。
個人的にはとても好きな精油の一つです。
ブレンドするときは本当に少しで深みが加わり、暖かみがでます。

1級、2級合わせて20種の精油の中に入るメジャーなものなのに
なぜ、NARDではないのか最初はとても戸惑いました。
ストレスの多い方は、NARDの方でも是非取り入れたらいいと思う精油の一つです。

そこで、ベチバーについてまとめてみます。

■ベチバー

□別名:ベチベルソウ、クスクス、アカール・ワンギ
□英名:Vetiver
□学名:Vetiveria zizanioides
□科名:イネ科
□産地:インド、タヒチ、ハイチ、インドネシア、エルサルバドル、中国
□抽出方法:水蒸気蒸留法
□蒸散速度:ベースノート

□機能:鎮静作用、中枢神経系のバランス調整、抗炎症、催淫、抗菌、消化促進
     静脈流動、リンパ液流動、局所静脈鬱滞除去、シロアリ駆除
     消臭、抗真菌、抗細菌性皮膚炎

□有効:各種菌類皮膚炎、ニキビ、アトピー、防臭、
     ストレスと緊張に対する万能薬。不眠、生殖系の強壮
     血液循環を良くして筋肉痛、関節痛を和らげる、疲労回復。

□禁忌:ケトン類のべチベロンを含むので乳幼児、妊産婦は使用に注意。

□相性の良い精油:オリエンタル系の香りのため、オリエンタル系、花系、樹脂系と合う
        カモミール、フランキンセンス、ゼラニウム、ラベンダー、
        ローズ、サンダルウッド、イランイラン

□エピソード:1.「ムスリーヌ・デ・ザンド」という有名な香水に使用される
        2.東南アジアでは虫除けとしてブラインド、天幕、帽子、マットなどの
          日用品に使われる
        3.高い鎮静作用から「静寂の精油」と言われる
        4.根は古ければ古いほど質の良い精油が採れる 
        5.粘度が非常に高く、プリマライフでも唯一精油瓶の形態が違う

「天の香り」という本の中で面白いいい方をしていたので引用します。

 「この精油は地の力との結合をもたらし、この泉から人は前向きのエネルギー、
  つまり、励ましや再生力を汲みとる。・・・・
  サイプレスは男性らしくまっすぐに立って私たちを大地につなげるが、
  ベチバーは包み込んで、温かく、そして深く女性的なやり方をとる」

スポンサーサイト
すごい精油、素晴らしい精油 メラルーカ?
2008年 03月 14日 (金) 15:32 | 編集
先日、ある人と話していてこの後、「メラルーカ」の精油が入った
製品の勉強会に行くとのことでした。

その人いわく
「メラルーカは新しい精油らしくて、すごいらしい、素晴らしいらしい」と
聞いて友達に誘われたということらしいのです。

それもで、聞いたことが無かったのでいろいろと話を聞いていくと
オーストラリア、抗菌、新しいなどのキーワードが出てきました。
「ひょっとしてティートゥリーのこと?」と妻が言い出しました。

確かアロマのインストラクターの勉強をしているときに学名で聞いたことが
あるということで、早速調べてみると、ティートゥリーでした。
レモンバームの学名がメリッサというのと同じでティートゥリーの学名が
「メラルーカ」だったのです。

このメラルーカの精油を使った商品はシステム販売の商品だったようです。
よくある勧誘のための勉強会です。

それにしても、レモンバームとメリッサはいい方が分かれると思うのですが、
ティートゥリーはほとんどの人がティートゥリーと言うと思います。
ティートゥリー配合の製品はいろいろなメーカーから販売されています。
それを「メラルーカ」いい方を替えて、さも新しい物、画期的な製品、
ココにしかないと製品いわんばかりの調子で、学名を利用するというのは
「ずるい」というか、ある意味、商魂たくましいと思いました。

ちなみにメラルーカ(Melaeuca)がつく精油はティートゥリーだけではありませんでした。
同じオーストラリアの植物のニアウリも、カユプテもメラルーカでした。

ティートゥリーは(Melaeuca alterrnifolia)
ニアウリは(Melaeuca quinquenervia)
カユプテは(Melaeuca cajuputii)

この行われた勉強会はどの「メラルーカ」だったのでしょうか?
このメーカーからは油汚れがとれる「キトルス」という製品も出てくるのでしょうか?

※キトルス:citrus 柑橘系の精油の学名に出てくる一部
 
騙されないように異名や学名に強くならなくてはと思ったエピソードでした。
前に作った精油別名早見表も参考にしてみてください。
アロマの固定概念に気づいたこと
2008年 03月 07日 (金) 22:56 | 編集
赤ら顔で悩んでいるという方からWEBショップにご質問があり、いろいろな本を見て、
必死に探していた時のエピソードです。

まだまだ、アロマテラピー3年目の駆け出しの私たちはショップにご質問をいただくと、
片っ端から資料を探したり、インターネットで調べています。これは毎度のことで、
この瞬間が一番勉強になり、頭に入るいい機会になっています。

話は戻り、赤ら顔で探している時に
「アロマテラピーの32の基本ガイド」という小冊子のような本のある一フレーズが目にとまりました。

「フェイスクリーム50mlに対し、ヘリクリサム4滴入れて使用します。
                          フェイスクリームはお手持ちのもので結構です。」

この文章を見た瞬間、ある意味で大変ショックを受けました。
アロマテラピーというと、アロマテラピー用のキャリアオイルで希釈したり、アロマテラピー用の塩、
クレイ、ミツロウ、・・・と言った具合で、精油を使うときにはアロマの世界でいう
「基材」でなければいけないという固定概念ができていたからでした。

アロマ教室で習った「精油は水にとけないので、キャリアオイルで希釈します。」という一言で
アロマの世界を狭くしていたことに気づきました。
また、そのことでアロマの発想の貧困さを生み、広がりを自ら制限してしまっていました。

「フェイスクリームはお手持ちのもので結構です。」
このフレーズが気がつかせてくれました。
確かにフェイスクリームであれば、乳化剤なり、界面活性剤が入っていますので
精油は分離せずに混ぜることができるのです。

もちろん、肌が弱かったり、敏感だったり、混ざり気のない自然のものこだわりたい場合は、
そのフェイスクリームも、界面活性剤や乳化剤の化学合成品の入っていない自然な物に
こだわらなければならないと思います。

もっと柔軟にもっと自由な発想でアロマをとらえなければならないと感じた瞬間でした。



copyright (C) 男でもアロマ all rights reserved.
designed by polepole...

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。