FC2ブログ
精油の魅力にはまってしまった44歳男性のアロマ日記
男でもアロマ
フローラルウォーターと農薬
2008年 02月 01日 (金) 18:06 | 編集
以前、精油と農薬としてブログで書いたことがあります。
この時、水蒸気蒸留法ですが、農薬の方が精油よりも重いため、比較的、圧搾方にくらべて
安全といえます。と書きました。これは精油の安全性です。

ではフローラルウォーター(ハーブウォーター:芳香蒸留水)はどうでしょうか?
アロマの勉強で水蒸気蒸留法で精油は上澄みで、精油以外がフローラルウォーターと習ったと思います。
つまり、精油より重い農薬は精油よりフローラルウォーターに残留農薬の可能性が高いと言えます。

前回、ご紹介したようにKENSOはこだわりがあり、フローラルウォーターに関してはプラナロム
ブランドのものは4つだけで後はすべてKENSOブランドのハーブウォーターにしています。
今年もネロリウォーターがしばらく在庫切れになっていたのですが、最初に残留農薬があり、
また、次のロットでも残留農薬があり、その結果、しばらく欠品していました。

KENSOのフローラルウォーターは「ほぼ無菌」というレベルで作られています。
残留農薬に限らず、雑菌ゼロというのはKENSOブランドのハーブウォーターだけだと
以前、NARDのトレーナーの先生から教えていただいたことがあります。

中国の冷凍ギョウザの事件以降、農薬の怖さをあらためて感じている方も多いと思います。
経皮毒の話以上に怖いのが農薬です。
日本では使われていない農薬が中国では使われているというと日本の農薬はあたかも
安全のように感じますが、農薬はもともと「殺す成分」、できるだけ排除したいものです。

特にアロマテラピーは良かれと思って使う物ですから、こだわりたいです。



スポンサーサイト



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
フローラルウォーター に関連するブログ記事の検索結果から最新の口コミ情報、オススメ商品を紹介…
2008/02/02(土) 05:45:32 | クチコミブログをピックアップ
copyright (C) 男でもアロマ all rights reserved.
designed by polepole...