精油の魅力にはまってしまった44歳男性のアロマ日記
男でもアロマ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不眠によい精油ランキング
2008年 02月 22日 (金) 16:57 | 編集
マンダリンカプセルを飲んで寝るとぐっすり寝られるような感じの
日が多く、自分としても「おや」という感じでした。
というもの今まで睡眠というとラベンダーというバカの一つ覚えの
感じがあったからです。
早速、睡眠と精油という視点で精油事典を調べてみました。


まず、精油事典で
■+4の一番評価の高いものは
ラベンサラ、マンダリン、レモンバーベナ、ラブラドルティです。

■+3の評価は
プチグレン、ラベンダーアング、マートル、カモミールローマン、
リトセア、アンジェリカルート、ジャスミン、バジル、セロリ、ベルガモット
ポンデローザパイン、ラベンダースーパー、レモンバーム、ロックロース

■+2のものは
クミン(誘眠作用としては+3)

■無評価で「不眠症」の表記のあったものとしては
イランイラン、スパイクナード、マジョラム、ネロリ、スィートオレンジ
ビターオレンジ、ランタナ、シナモマス・フレグランス、バレリアン、
フランキンセンスでした。

今回は処方集での使われているものもチェックしました。
精油事典での評価、処方集の数でランキングにしてみると

1位 ラベンサラ(12処方)
2位 マンダリン( 7処方)
3位 レモンバーベナ(6処方)
4位 ラブラドルティ(4処方)
5位 プチグレン(9処方)
6位 ラベンダーアング(5処方)
7位 マートル(3処方)
8位 カモミールローマン(2処方)

番外でイランイランが4処方、スパイクナード、マジョラムが3処方でした。
処方は塗布するものばかりで、経口のものは対象外としました。

バカの一つ覚えのラベンダーは6位でした。
睡眠にはラベンサラ、マンダリン、レモンバーベナと覚えなおすことにしました。

ハーブサプリで評価の高いバレリアンが精油では評価が高くないのも面白い結果でした。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
男でもアロマさん、いつも拝見しています!

不眠には、原因へのアプローチが必要かと思います。
マンダリンには、アンスラニル酸ジメチルに強い抗不安作用があるので、
心配や不安が原因の不眠に適しているかと思います。
ラベンダー・アングスティフォーリアは、酢酸リナリルやリナロールによる
GABAの活性作用があり、たとえば昼間の興奮を引きづって
ノルアドレナリンがいっぱいで眠れないときに、ノンレム睡眠を深くしてくれます。
マジョラムは、メラトニンの分泌を促すので、
サーカディアンリズが乱れているときの不眠に適しています。
ラベンサラは、α-テルピネオールと1.8シネオールとの相乗効果により
強い安眠作用があり、疲れて眠りにくいときにいいかなぁと思います。

というふうに、各々の精油独自のメカニズムを理解することで、
いろんなタイプの不眠に対応ができます。
実際には、こういうアプローチが役立つかなぁと思います。
2008/ 03/ 22 (土) 20: 18: 22 | URL | mana # PAJg4fUE[ 編集 ]
manaさんコメントありがとうございます。
コメントありがとうございます。
すごいコメントでたじろいでいます。

精油成分で一歩踏み込んで研究してらっしゃいますね。
私はもっぱら精油事典が好きでNARDがその精油をどう捕らえているかを
知りたくてよくランキングを調べています。

 ・酢酸リナリルやリナロールによるGABAの活性作用。
 ・マジョラムは、メラトニンの分泌を促すので
 ・テルピネオールと1.8シネオールとの相乗効果により強い安眠作用
  (NARDの精油事典ではラベンサラの誘眠作用はどうしておきるのか
   メカニズムは不明となっています。)

これらはNRADの精油事典的には記載がないと思うのですが、
とても興味がありますので、今後のためにも情報源を教えていただけませんか?
また、一歩突っ込んで勉強できるのでよろしければ教えてください。

精油は本当に奥が深いですね。
日本の情報と海外の情報でもまた、違うようですし本当に面白いです。

また、是非、一歩突っ込んだ内容を教えてください。
2008/ 03/ 23 (日) 08: 34: 08 | URL | 男でもアロマ # -[ 編集 ]
先日は突然に失礼いたしました。
男でもアロマさんのブログは、思ったり感じたことを
独自のアプローチで素直に書いてらっしゃって、
いつも興味深く拝見させていただいています。

先日の不眠の精油についての情報源は、
ナードに関わってられる先生の講義の中で聞いたことです。
私自身は、まだまだ勉強不足でああいうコメントは
書くべきではなかったと反省しましたが、
実際のケースでぜひ役立てていただきたいと思い…。
実際にちょっとした不眠で、日常的に睡眠導入剤を
使われている方がどれほど多いことか。
よほどの病的なケースでなければ、飲用ではなく、
淡い芳香で心の安らぎと共に使っていただきたいと
私自身は思っています。

また、男でもアロマさんの記事を楽しみにしています!
2008/ 03/ 24 (月) 18: 52: 41 | URL | mana # PAJg4fUE[ 編集 ]
p.s.
ラバンサラの安眠作用についてですが、
「ラバンサラのα-テルピネオールと1.8シネオールとの相乗効果らしいといわれている」と聞きました。ユーカリ・ラジアタなんかにもこの両成分が入っていますが、ラバンサラ独自の強い安眠作用はその両成分の比率にあるのかもしれませんし、またそれ以外の成分も関与してのことかもしれませんが、その辺は定かではありません。
2008/ 03/ 24 (月) 19: 32: 51 | URL | mana # PAJg4fUE[ 編集 ]
manaさんコメントありがとうございます。
コメントありがとうございます。
私も勉強中なのでいろいろな情報を是非教えて下さい。
精油、アロマテラピーは日々進歩している世界だと思います。
使う人にとって役だったり、試してみようと思う情報であって
使った人が良かったという結果が出ればよいことだと思います。


ナードの先生であれば、精油を化学的にアプローチしたいと考えて
いる方だと思いますので、情報源を押さえた上でお話になっていたはずです。
わかったら是非教えて下さい。

また、いろいろ教えて下さい。
2008/ 03/ 25 (火) 16: 51: 38 | URL | 男でもアロマ # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 男でもアロマ all rights reserved.
designed by polepole...

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。