精油の魅力にはまってしまった44歳男性のアロマ日記
男でもアロマ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すごい精油、素晴らしい精油 メラルーカ?
2008年 03月 14日 (金) 15:32 | 編集
先日、ある人と話していてこの後、「メラルーカ」の精油が入った
製品の勉強会に行くとのことでした。

その人いわく
「メラルーカは新しい精油らしくて、すごいらしい、素晴らしいらしい」と
聞いて友達に誘われたということらしいのです。

それもで、聞いたことが無かったのでいろいろと話を聞いていくと
オーストラリア、抗菌、新しいなどのキーワードが出てきました。
「ひょっとしてティートゥリーのこと?」と妻が言い出しました。

確かアロマのインストラクターの勉強をしているときに学名で聞いたことが
あるということで、早速調べてみると、ティートゥリーでした。
レモンバームの学名がメリッサというのと同じでティートゥリーの学名が
「メラルーカ」だったのです。

このメラルーカの精油を使った商品はシステム販売の商品だったようです。
よくある勧誘のための勉強会です。

それにしても、レモンバームとメリッサはいい方が分かれると思うのですが、
ティートゥリーはほとんどの人がティートゥリーと言うと思います。
ティートゥリー配合の製品はいろいろなメーカーから販売されています。
それを「メラルーカ」いい方を替えて、さも新しい物、画期的な製品、
ココにしかないと製品いわんばかりの調子で、学名を利用するというのは
「ずるい」というか、ある意味、商魂たくましいと思いました。

ちなみにメラルーカ(Melaeuca)がつく精油はティートゥリーだけではありませんでした。
同じオーストラリアの植物のニアウリも、カユプテもメラルーカでした。

ティートゥリーは(Melaeuca alterrnifolia)
ニアウリは(Melaeuca quinquenervia)
カユプテは(Melaeuca cajuputii)

この行われた勉強会はどの「メラルーカ」だったのでしょうか?
このメーカーからは油汚れがとれる「キトルス」という製品も出てくるのでしょうか?

※キトルス:citrus 柑橘系の精油の学名に出てくる一部
 
騙されないように異名や学名に強くならなくてはと思ったエピソードでした。
前に作った精油別名早見表も参考にしてみてください。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
メラルーカ社のメラルーカオイルは、メラルーカ アルテルニフォリアです。


2008/ 06/ 11 (水) 22: 16: 26 | URL | メラルーカ # -[ 編集 ]
コメントありがとうございます。
情報ありがとうございます。
メラルーカ アルテルニフォリアとなるとティートゥリーのことですね。
アロマ関係の人でティートゥリーオイルのことをメラルーカオイルというのは
極めて珍しいことだとおもいますので、私が知っている人が行った勉強会は
メラルーカ社のものだったかもしれませんね。
今後も、何かあれば、いろいろ教えてください。
2008/ 06/ 13 (金) 07: 12: 03 | URL | 男でもアロマ # -[ 編集 ]
珍しい事では無いようですよ
ティーツリーオイルと言っていても、メラルーカアルテルニフォリアから作っていない場合もあるようです。

http://teatree.cocolog-nifty.com/teatree/2008/04/post_2cd1.html

http://www.grassmile.jp/teatreeoil/index.htm

こちらのサイトはメラルーカ社とは関係の無いサイトですが、
メラルーカオイルと呼んでいます。

日本で勉強会なるものをしているということは、メラルーカ社の主催かメラルーカの会員のものであると可能性が高いと思います。

私で判る範囲でしたらお答えできると思います。
2008/ 06/ 21 (土) 20: 50: 13 | URL | メラルーカ # -[ 編集 ]
メラルーカ社ではちゃんと説明しています。
ちょっと、気になりましたので補足です。

>それを「メラルーカ」いい方を替えて、さも新しい物、画期的な製品、
ココにしかないと製品いわんばかりの調子で、学名を利用するというのは
「ずるい」というか、ある意味、商魂たくましいと思いました。

との事ですが、メラルーカ社はメラルーカオイルはティーツリーオイルだと説明しています。私も、最初からそう聞いています。
http://www.melaleuca.co.jp/products/oil/consept.html

>このメーカーからは油汚れがとれる「キトルス」という製品も出てくるのでしょうか?

メラルーカ社には、「ソリューメル」というメラルーカオイルを水溶性にして使いやすくした製品があります。
http://www.melaleuca.co.jp/products/eco/solumel.html

2008/ 06/ 21 (土) 21: 55: 33 | URL | メラルーカ # -[ 編集 ]
コメントについて
メラルーカ社のコメントありがとうございました。

メラルーカの勉強会に行くといっていた方とはその後話をして
いないので、メラルーカ社の物であったかどうかはわかりません。

ただ、その方はアロマテラピーを全くご存じなかった方で、
通常、アロマテラピーの世界では、常識の「ティートゥリー」という精油名とメラルーカの
つながりを知らず、「メラルーカ」という全く新しく、効果的な精油の話を聞きに行くと、
ティートゥリーとメラルーカを全く別物と勘違いされていたことは事実です。

ただ、一般的には学名を知る方は少なく、
精油名をご存じの方が殆どで、学名が思わぬ勘違いを引き起こすという
エピソードを紹介しただけのつもりでした。

実際に、その方が行った勉強会が、メラルーカ社のものかどうか、
わかりませんし、メラルーカ社のメラルーカについての記事ではありませんので、
誤解のないようによろしくお願い致します。
ただ、この記事で批判をしている
ように感じられたのであれば申し訳ございませんでした。
お詫び申し上げます。
2008/ 06/ 22 (日) 22: 38: 59 | URL | 男でもアロマ # -[ 編集 ]
ご丁寧にありがとうございます。
そうですね。勘違いされている方がいらっしゃるのは事実ですね。

ただ、最近一部業務停止になり報道されて問題になっている、MLMの会社の様に、会社の公式な説明では詳しい話を全くしないというスタンスではなく、商品のメラルーカオイルそのものにもきちんと冊子がついていて、その中で、メラルーカオイルはティーツリーオイルであり、メラルーカ社では
学術名のメラルーカアルテルニフォリアからのオイルを使っていると説明しています。

ですが、まだ使い始めたばかりの方や、初めて説明会に行かれる方が誤解や勘違いをされているのは、アロマセラピーに触れたことがない方であればある意味仕方が無いことだと思います。

こんなことを書いている私でも、最初は知りませんでしたし・・・

今でも、メラルーカ社の洗剤は合成洗剤ではないとか平気で言われる勉強不足の方もいらっしゃいますし・・・
その都度、訂正していますが(;一_一)
カタログをちょっと読めば合成洗剤って書いてあるんですけどね(+_+)


2008/ 06/ 28 (土) 13: 02: 51 | URL | メラルーカ # -[ 編集 ]
人に伝えるのは難しい
本当に人に伝えるのは難しいですね。
お互いがんばりましょう。
2008/ 06/ 29 (日) 23: 46: 48 | URL | 男でもアロマ # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 男でもアロマ all rights reserved.
designed by polepole...

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。