FC2ブログ
精油の魅力にはまってしまった44歳男性のアロマ日記
男でもアロマ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フェンネルの蒸留部位
2008年 05月 12日 (月) 12:48 | 編集
プラナロムのフェンネル精油の蒸留部位が変更になると連絡がありました。
次回の入荷分から「花と茎葉(全草)」から「種子」に変更になるということです。
理由は種子の方がケトン類のフェンコンが少なく、毒性が低いからだそうです。

蒸留部位が変更になるというのは新鮮に驚きでした。
この精油はここの部位から抽出するというのは決まっているように感じていたからです。

アンゼリカなどでもアンゼリカシードとアンゼリカルート(根)という名前が付いていて、
ケモタイプとして別の精油になっています。
今回の変更も本当はフェンネルシードではないかな?と思うくらいの変更でした。

気になって、扱いのあるプリマライフ精油のスィートフェンネル精油の蒸留部位を
確かめてみました。
すると「果実」とありました。早速、問い合わせてみました。

蒸留部位が果実とありますが、種子のことですか?とストレートに聞いてみました。
「セリ科は厳密に言えば、種子でなく、痩果(そうか)といいます。でもほとんど
 種子として考えられています。」
さすが、ドイツ最大の精油メーカーは奥が深いと うなりました。

更に痩果で調べてみると「果皮と種皮が密着して分かれないもの」でヒマワリも
痩果だそうです。でも一般的にはヒマワリも種といいますね。

香辛料としてもフェンネルは種子(痩果)が中心なので、プラナロムが
花と茎葉(全草)から蒸留していたというのは思いこみから認識していませんでした。
精油の世界は奥深いです。

※ちなみに現在、プラナロムのフェンネルはメーカー欠品中で、次回ロットから
 種子に変更になります。




 
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 男でもアロマ all rights reserved.
designed by polepole...

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。