FC2ブログ
精油の魅力にはまってしまった44歳男性のアロマ日記
男でもアロマ
オレガノ or イミュネッセンス?
2009年 02月 13日 (金) 16:44 | 編集
プラナロムに精油サプリメントというものがあります。
まさに精油を口から摂取することを目的にしているものです。

その中に「イミュネッセンス」と「オレガノ」があります。
この2つの違いがわからなかったので、精油事典で調べ、
メーカーにも聞いてみてわかったことを書いてみます。

一言でいうと
イミュネッセンスは免疫強壮 オレガノは感染症予防
免疫が強壮されれば、感染症予防になるのではないかと思い

精油事典でみてみました。

イミュネッセンスで出てくるのは口内炎だけでした。
それに引き替え、オレガノは

咽頭炎、気管支炎、アンギナ症、急性耳炎、肺炎、鼻炎、副鼻腔炎
扁桃腺炎、化膿した歯痛、歯槽膿漏、インフルエンザ、寄生虫
蟯虫、クローン病、感染性下痢、ウイルス性細菌性下痢、水あたり
腎盂炎、化膿性腎炎、外陰炎、外陰のかゆみ、乳首の化膿、エイズ
尿管炎、熱帯性感染症、マラリア、アメーバ症、膀胱炎、
重症の免疫低下でした。

では「風邪やインフルエンザにいいのは?」とメーカーに問い合わせて、聞いてみると

予防で飲むならイミュネッセンス、ひいてしまったらオレガノ
ただ、相性があるといういい方をされていました。
予防でもオレガノの方が合う方があります。

これが、アロマであり、薬と違うところだなあと改めて思いました。
私なりに健康食品に置き換えて、感覚であてはめてみると

天然の抗生物質と呼ばれるプロポリスに近いものがオレガノで
エキナセアやエルダーフラワーのように免疫力を刺激するのが
イミュネッセンスといったところなのかと解釈しました。

では、今騒がれている新型のインフルエンザにはどちらが有効なのでしょうか?

強い抗菌作用でオレガノ?、人の免疫力に頼ってイミュネッセンス?
それともその両方のいいとこどりの両方飲むというのも手かもしれません。



スポンサーサイト



copyright (C) 男でもアロマ all rights reserved.
designed by polepole...