FC2ブログ
精油の魅力にはまってしまった44歳男性のアロマ日記
男でもアロマ
アロマと経皮毒
2009年 02月 26日 (木) 18:20 | 編集
経皮毒を考えるようになったのはある食事療法(食養)の先生との出会いが
はじまりです。この先生はマクロビオテックの桜沢先生の直伝というから
相当気合いの入った方で、もともとが理容、美容関係出身ということが
経皮毒を考えるようになったきっかけだったようです。


10年ほど前、石けんの合成界面活性剤について興味を持った時期があり、
当時、この先生にも教えてもらいました。
もともと理容・美容関係と聞いていたのでシャンプー、リンス、染料などを
扱う業界の手荒れやアレルギーのすごさを聞くつもりでした。

しかし、先生から出てきた言葉は

「理容・美容関係の人はとてもガンになる人が多い」

というものでした。これが経皮毒を研究するきっかけだったと聞いて
とても驚いたことを今でも記憶しています。

なぜ、この経皮毒のことをアロマなのにテーマとして選んだかということですが、
実は、アロマでこそこの経費毒をきちんと理解しなければ、
本末転倒になるのではないかと思っています。

アロマの世界では精油やキャリアオイルにこだわる人が多いのですが、
化学毒性に関しては全く興味なしという方が多いような気がするからです。
(というか、手作りクラフトや化粧品を作っている立場のアロマの方は
 手作りということに、満足してしまって、その原料の化学毒性を、
 ご存じない方が多いような気がします。)

もともと安心なケア用品や手作り化粧品を作るはずのアロマのクラフトですが、
つくる面白さばかりで、本当に安全かというととても疑問です。

はじめてアロマを習いはじめた頃にアロエベラのジェルに精油をいれて
スキンケアジェルを作ろうというレッスンがありました。

やや肌が弱い長男のためにとニキビによいラベンダーとティートゥリーを
入れて、作りました。ところが、つけた次の日に顔が真っ赤に腫れ、皮膚科に
連れていったほどでした。

後からわかったのですが、その先生の使っているアロエベラジェルは化学毒性が
多く含まれます。また、精油自体にもこだわりがなく、純度が曖昧な精油で
しかも劣化もすすんでいました。
この先生は「精油の残留農薬」について質問したときも的を得ていませんでした。
今思えば、顔の赤い腫れは起こるべくして起こったのだと思います。

これからアロマと経皮毒の観点からみた矛盾も随時、書いていこうと思います。
スポンサーサイト



経皮毒 | - | - |
copyright (C) 男でもアロマ all rights reserved.
designed by polepole...