FC2ブログ
精油の魅力にはまってしまった44歳男性のアロマ日記
男でもアロマ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤チンみたいな精油ティートゥリーのおさらい
2006年 09月 08日 (金) 23:08 | 編集
ティーツリーはオーストラリアの植物。
オーストラリアの先住民族アボリジニも古くから様々な病気やケガの際に利用し
現在でも伝承されています。私は「赤チン」のような精油としてとらえています。

アロマテラピーの薬理効果をいち早く研究したジャン・バルネ博士は
フランス軍医として第二次世界大戦に従軍した時、抗生物質の使用に疑問を感じ、
救急キットにティートゥリーを入れていたと言われています。
抗ウィルス、抗菌、抗真菌、駆虫作用、免疫調整作用があることで
いわゆる「ばい菌」に強く、その上、抗炎症、鎮痛・鎮静作用があります。

サザンクロス大学の品質基準ではテルピネンー4ーolが35%以上。
1.8シネオールが5%以下の精油が最高品質のティートゥリー精油であると定めています。
直接塗布もできるといわれる精油ですので、薬品グレードのものを選ぶことが重要だと思います。

スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 男でもアロマ all rights reserved.
designed by polepole...

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。