精油の魅力にはまってしまった44歳男性のアロマ日記
男でもアロマ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【本質を見る目】オーガニック栽培の別の視点
2009年 04月 17日 (金) 16:36 | 編集
かつて私が、熱帯魚の飼育にとても凝っていた時期、
ハーブの栽培に熱中していた時期があります。
これらに共通して感じていたのが自然淘汰という大自然のルールです。

熱帯魚というとキレイな観賞魚ですが、基本的には肉食です。
そのため、数匹を一緒の水槽で飼っていると弱ってきた魚を他の魚がつつきます。
つつくどころか食べています。(共食いです)
この姿をみて、自然は厳しく強いものだけが、生き残れ、次の世代のために遺伝子を残せる
というルールがあると感じました。

同様にハーブ栽培をしていた時に弱いものほどアブラムシがついたり、ハダニがついたりと
害虫被害にあっていました。反対に強いものは虫も付かない状態。
この時も
植物も動物のルールと同じで、群れをなす中で弱いものをねらって肉食動物がしとめるのと
同じ、強いものだけが、生き残れ、次の世代のために遺伝子を残せるというように理解していました。

なぜ、このような話を書いたかというと
無農薬有機栽培、オーガニックというとどうしても中国野菜に象徴される残留農薬の怖さ、
農薬からの安全性ばかりに目がいきますが、生命力という視点でみてみると
自然に近い方法で育った物であればあるほど、生命力にあふれていて、優秀であるということです。

実際にハーブティやハーブサプリの世界では無農薬有機栽培で育てたものより、
野生のものの方が薬効は強いとされます。
これは精油も同じ。野生に近いものほど、本来植物のもつ芳香分子が活性化さます。
食べ物でもオーガニックのものの方が美味しく感じます。


通常栽培 < 無農薬栽培 < 無農薬有機栽培 < demeter認証のオーガニック栽培 
< 野生

野生に近づくほど香りがよく、薬効があるということです。

これは私感ですが、プラナロムのラベンダーアングよりもdemeter認証のプリマベラの
ラベンダーファインの方が香りが良いように感じています。

植物を育てた経験のある方ならすぐわかると思いますが、
虫がついてヘナヘナな植物からとられたエキスとイキイキとして立派な植物からとられた
エキスとではどちらがよいか一目瞭然です。
オーガニック栽培された植物というのはヘナヘナなものは淘汰されて、強い遺伝子で
できたイキイキとした植物本来の強い生きていく力に満ちあふれた自然の姿であるということ。

商業ベースに乗せられて、大量生産目的で、化学物質や肥料によって
生きながらえさせられた植物から取れた精油とでは、いかに生命力が違うかということは
私が言うまでも無いこと、一目瞭然なのではないでしょうか。


スポンサーサイト
copyright (C) 男でもアロマ all rights reserved.
designed by polepole...

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。