精油の魅力にはまってしまった44歳男性のアロマ日記
男でもアロマ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウィンターグリーンについて
2009年 11月 09日 (月) 16:28 | 編集
ウィンターグリーンの最大の特徴はサリチル酸メチルが天然の形で
99%含まれるという点です。
サリチル酸は解熱鎮痛剤のアスピリンと同様、体内代謝でサリチル酸となります。

サリチル酸、アスピリンというと柳の木からつくられたというはじまりの話が有名です。
柳の木と鎮痛作用というのは古くから知られていたようで
柳楊枝を使うと歯痛が治まるといわれていたようです。

サリチル酸メチルは合成の場合はサリチル酸とメチルアルコールから
合成されます。メチルアルコールというのはアルコールランプで使うアルコールです。

さて、本題1です。
ウィンターグリーンといえば、ナードで勉強された方は「スポーツでのドーピング注意」と
反射的に答える方がほとんどだと思いますし、
検索してもほとんどそのように記述されています。以前私もそのままブログに書いていました。


ところが、私はサリチル酸メチルと聞くと、どうしてもサロメチールが
真っ先に浮かび、これがドーピングに問題があるとは思えませんでした。

そこで実際にドーピングのホームページを見てみました。
薬剤師のためのドーピング防止ハンドブックにはサリチル酸メチルが含まれる製品として
エアーサロンパス、アンメルツヨコヨコ、メンフラ、サロメチール、チールAが出ていました。

2009年の時点では日本アンチドーピング機構の禁止リストの中にも
サリチル酸メチルは含まれません。

 財団法人 日本アンチドーピング機構 

 薬剤師のためのドーピング防止ハンドブック2008


ただ、99%もサリチル酸メチルを含むウインターグリーンは皮膚に
塗布して15分後には尿中から検出されるということなので、
スポーツ選手の方は、年によってサリチル酸メチルが、ドーピング検査の
禁止リストに追加されていないかどうか、毎年毎年、チェックする必要はあると思います。

本題2、このインフルエンザ季節に気になる話題として
インフルエンザとアスピリンの関係です。
厚生労働省の新型インフルエンザのパンフレットの記述


インフルエンザでアセチルサリチル酸(商品名:アスピリン、アスピリン含有薬剤)や
ジクロフェナクナトリウム製剤(商品名:ボルタレンなど)、メフェナム酸(商品名:ポンタールなど)
などの解熱鎮痛剤を使うと、子どもでは脳症などが起こる危険性があります。
また、解熱鎮痛剤はぜんそく発作やむくみなどの強い症状を引き起こす場合もあります。
 ぜんそくのある人は、薬の色素などの添加物に反応して症状が出ることもあります。
市販薬や手持ちの薬などを使わず、かかりつけ医に相談をしましょう。とあります。

18以下の子どもの解熱にはいけないという記述もありました。
そのような点からみれば、ウインターグリーンも18才以下の子どもへの
インフルエンザ時期の使用は気をつけなくてはならないと思います。


スポンサーサイト
copyright (C) 男でもアロマ all rights reserved.
designed by polepole...

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。