精油の魅力にはまってしまった44歳男性のアロマ日記
男でもアロマ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嫌いな香りと効果
2006年 10月 05日 (木) 22:37 | 編集
精油の抗菌、抗真菌、抗ウイルス作用は精油の香りの好きらいに関係ないかもしれませんが、
他の作用は香りの好き嫌いは重要な要素になると思います。

精油は嗅覚を通して電気信号として大脳辺縁系に伝わります。

香りの好き嫌いが重要というのはこの大脳辺縁系の中に好き嫌いの中枢とされる「扁桃体」が存在するためです。
「扁桃体」は記憶で有名な「海馬」とともに働き、好きなことはよい記憶とともに幸せ感を増幅させ、嫌いなことは悪い記憶とともに嫌悪感を増幅させてしまいます。

つまり、好きな香りであれば、より幸せ感が強まり、芳香成分の効果を超えて作用します。
反対にいくら芳香成分としては効果があるとしても、嫌いな香りであれば、嫌悪感が増幅し、カラダとしては戦闘態勢もしくは逃避態勢に入ってしまい、クローズな状態(構えた状態)になります。
これではよい効果は期待できません。

芳香成分の効果を踏まえ、好きな香りに調香することが大切です。
相手または自分の好きな香りに調香する技術がアロマテラピーの技術なのかもしれません。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 男でもアロマ all rights reserved.
designed by polepole...

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。