精油の魅力にはまってしまった44歳男性のアロマ日記
男でもアロマ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すぐかっとなる怒りとアロマ
2006年 10月 06日 (金) 23:23 | 編集
最近、持っている精油の中で一番気に入っている香りが「プチグレン」です。
ビターオレンジの葉から抽出されます。ネロリは同じビターオレンジの花から抽出されます。
プチグレンもネロリも精神を安定させます。
これだけならストレスにプチグレンというところでしょうが、

プチグレンの期待できる効果に怒り、癇癪とありました。

実はこの「怒り」というのは私がとても起きやすい感情なのです。
寝る前にこの香りを嗅ぐと落ち着くというのは怒りを静めているのかもしれません。
ちなみ、怒りというキーワードで精油事典ででてくるのはペパーミントとマンダリンでした。
調べてみてまた、ショック!どちらかというと好きな香りだからです。

他のアロマの本ではベルガモット、オレンジ、グレープフルーツ、カモミール・ローマン、
ヤローなどが出ていました。

私の精神的な師に中村天風先生がいます。この先生は経営の神様といわれた
松下幸之助氏の先生です。
先生も「怒らず、恐れず、悲しまず」と言われてます。
かっとなりやすい方は頭や感情の切り替えに、お気に入りの一本を見つけておくと
良いかもしれません。
「一怒一老」ともいわれます。上手に切り替えたいものです。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
(+`・ω・´)⊃[とれにあ] ょり
こんにちは。

(+`・ω・´)⊃[とれにあ] といいます

一怒一老
ですか。私も、割と短気なので気を付けたい所です。

良かったら、相互リンクをしていただけ名でしょうか。
私のページからのリンクは、完了しています。

それではっ
応援ポチッとしていきます。
2006/ 10/ 07 (土) 09: 26: 06 | URL | 快適!バスタイムへの道@とれにあ # -[ 編集 ]
相互リンクさせていただきました。
ホームページ拝見いたしました。すごく研究され、実践されしかもバスタイムに絞って書かれているのですごいです。今後ともよろしくお願いします。
2006/ 10/ 08 (日) 21: 42: 22 | URL | pan43 # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 男でもアロマ all rights reserved.
designed by polepole...

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。