FC2ブログ
精油の魅力にはまってしまった44歳男性のアロマ日記
男でもアロマ
柑橘系の光毒性
2006年 10月 16日 (月) 22:15 | 編集
柑橘系=光毒性があることは結構知っている人がいますが、きちっと整理しておきます。
柑橘系の精油を塗って、日光にあたると光感作(光毒性)作用を起こします。
赤くなったり、火傷症状のようになります。
中でもベルカプテンを含むベルガモットは一番強いと言われます。
そのため、ベルカプテンフリー(ベルカプテンを取り除いた)ベルガモットもあるくらいです。
ベルガモットミントはベルガモットの種類でなく、シソ科のミントの仲間なので光毒性はなし。

柑橘系でもオレンジスィートとマンダリンは光感作を起こしたという確証が今まで
報告されていません。

同じオレンジでもオレンジビターは光毒性があります。
オレンジビターの花のネロリ、葉のプチグレンには光毒性がありません。

グレープフルーツ、レモン、タンジェリン、タジェット、ライムは光毒性があります。

レモンの香り系としてはリトセア、レモングラス、レモンバーベナ、
レモンバーム(メリッサ)、ユーカリレモンがあります。
これらは光毒性がありません。
レモンぽい香りを足したいときはリトセアがお勧めです。

光毒性がある精油は、精油を塗布してから4~5時間は直射日光(紫外線)にあてないように
注意が必要です。

大事なことなので、もう一度整理しておくと
■光毒性のあるもの
 ベルガモット、オレンジビター、グレープフルーツ、レモン、タンジェリン、タジェット、ライム

■光毒性のないものまたは報告のないもの
 オレンジスィート、マンダリン、ネロリ、プチグレン、リトセア、レモングラス、レモンバーベナ、
 レモンバーム(メリッサ)、ユーカリレモン、ベルガモットミント
スポンサーサイト



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 男でもアロマ all rights reserved.
designed by polepole...