FC2ブログ
精油の魅力にはまってしまった44歳男性のアロマ日記
男でもアロマ
あせもと石けん
2006年 10月 20日 (金) 23:12 | 編集
あせもからの急性湿疹をはじめ、汗で皮膚の炎症が強くなるのは
むかしから続いていました。

皮膚科の先生のホームページを見ていて、汗で炎症が強くなるひとには
酸性の石けんを勧めていますとありました。

昔ながらの石けんはアルカリ性です。
合成界面活性剤がよくないから石けんがいいと思いこんでいました。
でも石けんはアルカリ性です。

ということで石けんを使った後で、酸性にするスプレーを作りました。

酢と精製水にラベンダーとローズマリーを入れました。

今日で3日目ですが、なかなか調子がいいです。もう少し試して調子を見ていこうと思います。
石けんシャンプーを使った後に、酸性リンスは常識ですが、石けんで体を洗った後に
酸性スプレーはありません。以外と目からウロコなことかもしれません。
じっくりと実験、研究していきたいと思います。
スポンサーサイト



Comment
この記事へのコメント
ホントに目からウロコです!!
こんばんわ。

>石けんシャンプーを使った後に、>酸性リンスは常識ですが、石けん>で体を洗った後に
>酸性スプレーはありません。

言われて見ればそうですよね。ホントに目からウロコなことですね!

実は、手作りせっけんを1年前から数々作ってまいりました。
作り始めて以降、市販のシャンプーやボディーソープは使っていません。シャンプーのあとのリンスはもちろん酸性リンス(ハーブビネガー)です。肌も髪も幸いトラブルはありませんが私も常々不思議に思っていました。

髪は中和するのに、肌はなんでしないの??

そこで以前調べたのですが、
手作りせっけんではPH8~9ぐらいがベストとされています。
市販のせっけんはそれ以上です。

一般ではよく「弱酸性」のせっけんが出回っていますが、人間の肌は元々弱酸性。これでは肌の機能を低下させてしまうのでは??と思いました。
そこで弱アルカリ性せっけんを使うことで肌自身が自力で弱酸性にもどろうとする力を高める手助けになるのではないかと。

こういったことから、せっけんで洗ったあとは髪以外は何もつけないようにしています。(手作り化粧水などで水分補給はしますが)

酸性スプレーを使用することで、更に肌が弱酸性にもどる手助けを出来るのであれば・・・すばらしいことですね!

自サイトのURL貼り付けておきました。もしよろしければ遊びに来ていただければ嬉しいです!
2006/ 10/ 27 (金) 23: 54: 39 | URL | 永遠 # -[ 編集 ]
コメントありがとうございます。
ホームページ拝見しました。すごく沢山のオリジナルの石けんすごいですね。

私はまだ、石けんを作ったことがないので、その際は是非是非参考にさせていただきます。

これだけ石けんライフの方に酸性スプレーを感じていただくととても嬉しい限りです。今後ともよろしくお願いします。
2006/ 10/ 29 (日) 21: 57: 18 | URL | pan43 # -[ 編集 ]
石鹸シャンプー・・・は失敗したので、私はお酢とお湯だけで洗ってます。
お値段も安くサラサラで良いですよ♪

2007/ 05/ 15 (火) 21: 37: 12 | URL | silver # sSHoJftA[ 編集 ]
コメントありがとうございます。
コメントありがとうございます
といっても遅くすぎてすみません。
3ヶ月もの間、離れていたので
コメントのお礼まで遅れてしまいました。
お酢とお湯だけってすごいですね。
2007/ 06/ 20 (水) 14: 06: 09 | URL | pan43 # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 男でもアロマ all rights reserved.
designed by polepole...