精油の魅力にはまってしまった44歳男性のアロマ日記
男でもアロマ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伊勢神宮の森と精油の香り
2006年 10月 28日 (土) 21:36 | 編集
今日、半年ぶりくらいに伊勢神宮に行ってきました。
伊勢神宮は厄年以降とても好きで頻繁にいっています。

朝9時に神宮についたので、参道を歩いているととても森林の香りを
強く感じました。とても太い木がところどころにあり、大自然を感じ、
太古の昔を感じ、天照大神を感じることができます。

アロマを勉強しているので、今回はこの森林の香りを今までと違う感覚で捉えることができました。

どの本に書いてあったか忘れましたが、
「生きている植物はオーラ(魂)があり、枯れた植物にはオーラ(魂)が無くなります。
ところが、精油にはオーラ(魂)があり、それが瓶詰めされている。
だからフタをあけておくと精油の魂は天に昇ってしまう。」というような内容でした。

神宮の森林の香りは命を感じました。それと同時に精油にも命というか
魂があるな、生きているなとつくづく感じることができました。





スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 男でもアロマ all rights reserved.
designed by polepole...

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。