FC2ブログ
精油の魅力にはまってしまった44歳男性のアロマ日記
男でもアロマ
血液サラサラにする薬と精油
2007年 01月 07日 (日) 23:01 | 編集
心臓が悪い人、血管障害がある人がよく飲んでいる薬にワーファリンがあります。
ワーファリンは血液を固まりにくくさせる薬ですが、食べ合わせが問題になる薬です。

よく、「私は薬を飲んでいて、納豆とクロレラと青汁は駄目」と言われたという人が
飲んでいる可能性が高いのはワーファリンという薬です。
また、血液をサラサラにする薬と言われているのも、このワーファリンです。

この薬を飲んでいる人が増えてきたことで、かつて健康食品に君臨したクロレラは
だんだんと人気がなくなってきているほどです。

今日、「精油の安全性ガイド」という本を読んでいて精油を飲んだ場合は薬と併用禁忌があると
数多くの精油があげられていました。これに関しては日本では精油を飲むという習慣がほとんど
ないのであまり関係ないと読み飛ばしていました。

ところが、ワーファリンを飲んでいる人は局所的でも併用禁忌が確定しているものとして、
バーチとウインターグリーンの精油があげられていました。
このことは全く知りませんでしたし、よく聞くワーファリンだったので驚き、目が止まりました。

ウインターグリーン、バーチに含まれるサリチル酸は筋肉痛などの鎮痛剤である「サロメチール」に
使われ、鎮痛剤のアスピリンの原料になるものでとても薬っぽいものです。
私はサリチル酸というとサロメチールにばかり気がいっていたので、最初ワーファリンと
聞いて結びつきませんでした。
その後、血栓を溶かすといわれるアスピリンの原料と知ると結びつけて考えられようになりました。

私は薬のことは詳しくわかりませんが、納豆、クロレラ、青汁と血液サラサラにすると
言われるものと血液サラサラにする薬(ワーファリン)は喧嘩をすると覚えていたので、
血栓を溶かす(血液をサラサラにする)アスピリンの原料であればワーファリンと
喧嘩するだろうなと納得できました。

バスツアーが好きな両親がツアーから帰ってくると土産話の中で必ず、
「食後になるとほぼ全員の人が薬を飲み始める」といいます。
それだけ高齢者は薬を飲んでいるため、薬と精油の飲み合わせ情報は
これからどんどん研究されなければならなし、情報も必要になってくると
痛感したのでした。
スポンサーサイト



Comment
この記事へのコメント
初めまして
初めてコメントします。
リンク貼らせて頂きました。
私は今アロマのプロを目指して勉強中です(^^)
このブログはとても参考になる記事が沢山あって、いつも勉強させて頂いています。
これからも色々と教えてください☆
2007/ 01/ 12 (金) 16: 52: 39 | URL | silver # O8Yv5vIk[ 編集 ]
silverさんコメントありがとうございます。
コメントありがとうございます。私も早速HP拝見して
リンクさせていただきました。よろしくお願いします。
silverさんはとても国際的ですね。その国際感覚からみた
アロマの視点いろいろ教えて下ださい。
2007/ 01/ 13 (土) 21: 54: 34 | URL | pan43 # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 男でもアロマ all rights reserved.
designed by polepole...